ダイエットをするときや、太らないように気をつけるときって、野菜中心の食事にする人が多いと思います。

私も以前は、自分が作った料理を旦那や子供が食べてる前で誘惑と戦いながら、サラダや温野菜を口に詰め込んでいました。「これめっちゃ美味しいよ!」とニヤニヤしながら言ってくる旦那をにらみながら(笑)

頑張って2週間くらい続けたこともあったなぁ…。

でも、代謝が悪いせいか、あんまり体重は減らなかったし、そんな食生活が続くわけもなく、ストレスで前よりも食べてしまって、あっという間にリバウンドしてしまいました。

何度挑戦しても、結局それの繰り返しです。

野菜を食べれば痩せるってわけでもないのに、完全に勘違いをしていたんですよね。

野菜中心の食事だと代謝が悪くなる

野菜中心の食事だと体にも良いし、カロリーも少ないので、太ることはまずないと思います。

でも、それだと筋肉を作る栄養素である「たんぱく質」が摂れないので、代謝がもっと悪くなってしまうんです。

ただでさえ女性は筋肉が少ないですし、年齢と共に筋肉が落ちてきて代謝も低下するのに、野菜中心の食事をしてカロリーを抑えようとすると、さらに太りやすく痩せにくい体になってしまうんですね。

だから、最初は少しだけ体重が減るけど、そのあとはなかなか変化しなくなったり、脂肪が残ったまま筋肉だけが落ちて、貧相な体になることもあるわけです。

なんというか、細いけどメリハリがない人とか、引き締まってる感じがしない人とかいるじゃないですか?

やっぱり筋肉が落ちちゃうとバランスの悪い体になるし、リバウンドもしやすくなるので、あまり野菜ばかり食べるのはおすすめできません。

たんぱく質を摂って代謝を上げることが大切

女性は、ダイエットをするときに「たんぱく質」を摂らないようにしている人が多いと思いますが、それが痩せない原因の一つになっている可能性もあります。

ちゃんと代謝を上げ、脂肪を燃やせる状態を作るには、肉や魚、卵、大豆など、たんぱく質をしっかりと摂ることが大切です。

もちろんカロリーを抑えるためには、量を減らしたり、鶏肉や赤身の牛肉などの脂肪分の少ないものを選ぶ必要がありますが、私もたんぱく質を摂りながら置き換えダイエットをして順調に体重が減っているので、効果は間違いないと思います。

食事制限が続かなかったり、どうしてもカロリーを摂り過ぎてしまうのが不安だったり、しっかり食べながら痩せたい方は、私も飲んでいる『美容液ダイエットシェイク』を併用すると、「いつの間にか体重が減っている」というのを実感できるはずです。